時期によって必要な栄養素が入っているサプリを飲み分けられる唯一の葉酸サプリ、プレミン。

そんなプレミンですが、一体どんな効果があるのでしょうか?

ここでは、プレミンの効果について徹底的に解説していきます。

プレミンの3つの効果

プレミンには主に3つの効果があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

効果①葉酸摂取による効果

まず、葉酸サプリ最大の効果は、葉酸摂取によるものです。

なぜ、妊娠中に葉酸をとる必要があるかというと、

赤ちゃんが神経管閉塞障害になるリスクを減らす効果がある

という理由からです。

神経管閉塞障害とは?

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠の4~5週ごろにおこる先天異常です。
神経組織が障害され、下肢の運動障害や膀胱・直腸機能障害がおきることがあります。
無脳症の場合、流産や死産の割合が高くなります。

つまり、神経管閉塞障害になると、障害や死産のリスクが高くなるというわけです。

葉酸が不足すると、この神経管閉塞障害になるリスクが高騰してしまいます。

プレミンで良質な葉酸を摂取することにより、この神経管閉塞障害のリスクを極端に減らせる効果があるというわけです。
また、妊娠中に多い、葉酸不足による貧血を防ぐこともできます。

効果②鉄分摂取による効果

鉄分摂取による効果として貧血を防ぐという効果が期待できます。

妊娠中は普段よりも貧血になりやすいです。

母体にある鉄分は赤ちゃんに与えられるので、鉄分の必要量が大幅に増加。妊娠前よりも多くの血液、鉄分が必要になるため、妊娠中は貧血になりやすいのです。

プレミンでは、ただの鉄ではなく、吸収率が良いヘム鉄が使われています。

つまり、普通に鉄分を摂取するよりも高い貧血予防効果が期待できるというわけです。

効果③ビタミン・ミネラル摂取による効果

妊娠中は、ビタミンやミネラルを通常よりも余計に必要とします。

ミネラル類は人間の体になくてはならない大切な栄養素で、妊娠中は特に必要となりますが、国民栄養調査では慢性的に不足している栄養素です。

プレミンは余計な美容成分は入っておらず、必要なビタミン類やミネラル類が配合されています。

ビタミン、ミネラルを摂取することにより、葉酸や鉄分の吸収率を上げる効果、そして疲労回復効果などを得ることができるんです。

プレミンの効果まとめ

プレミンの効果をまとめると次のようになります。

 

  • 神経管閉塞障害になるリスクを減らす効果
  • 葉酸欠乏による貧血を防ぐ効果
  • 鉄分不足による貧血を防ぐ効果
  • ビタミン、ミネラルによる栄養素吸収率の上昇効果
  • ビタミン、ミネラルによる疲労回復効果

 

そして、プレミンは妊娠時期によって必要な栄養素を飲み分けることができるため、よりベストな妊娠環境を作ることができるんです。

プレミンが合わない人を知りたい場合は次の記事をご覧ください。
→プレミンの辛口の口コミから合わない人が判明?【まだ買うな】